fbpx
Learning

アプリレビュー:「発音博士」


日本語とは違う「音」が英語には多く存在します。

日本人が苦手とされる音には有名な「LとR」や「Th」そして、母音があります。

この記事では、発音の練習に最適な素敵なアプリを紹介します!

以前のアプリ紹介の記事はこちらから!

自分の発音の癖を知る

日本語では基本的に一つ一つの単語の終わりが「母音」になります。

「マクドナルド」と言う時は「MAKUDONARUDO」と最後に「O」を割としっかり発音します。

英語ではバリエーションはありますが、基本的には[məkˈdɒnldz]のように発音されます。

最後の「dz」の部分は破擦音と呼ばれる音なのですが、母音を含んでいません!

(発音記号は難しく感じるかもしれませんが、読めると大変便利です)

日本語に慣れている人には、母音抜きで、単語を発音すると言うのはなかなか難しいことが多いです。

発音博士

このアプリは、発音記号の表示をJones式とIPAから選択することができます。

IPAを簡略化して、分かりやすくしたのがJones式なので、強いこだわりがなければJones式が良いと思います!

こんな感じで無料で練習できる単語も多くあります! 鍵がかかっていないのが無料で使えるものです。

「Beautiful」を発音してみたいと思います!

先ずは真面目に発音してみました。

無事に100点でした!!笑

次に、日本語っぽく発音してみました。

“l”と子音で終わるべきを、「ビューティフル」の「ル」としっかり発音したので、そこがマークされています。

“very”などの日本人が苦手とする”v”の音などは少し大げさなくらい”b”ではなく”v”の音をしっかり出してから発音すると良いかもしれません!

単語だけでなく、熟語もあります。

音と音が繋がると、英語は発音も変化しますが、分かり易く示されています。

音が出るので、電車など静かな場所では出来ませんが、とても良いアプリだと思います。

Scroll to Top