fbpx
speaker, boy, talk

英語アプリ”POLYGLOTS”のおすすめの使い方

英語学習おすすめのアプリとして、POLYGLOTSを以前紹介しました!

リーディングやリスニングの練習以外にも使い方は様々あるので、総合的な英語力向上を狙った活用方法をお伝えします!

おすすめ勉強手順

1:リスニングを5回する

2:リーディングを2回する

3:理解した内容を英語で簡単に要約する(紙に書く)

4:オリジナルの文と見比べて、抜け落ちていた部分を探す

5:自分に足りなかった部分の発音を聞きながら暗記する

6:オリジナルを真似して、自分の声を録音する

Image result for how to study

1:リスニングで耳を慣らす

自分のレベルにあった内容を選び、最初は短く簡単なものが良いです。

そして、5回連続で聞きましょう!最初の1・2回は意味不明な部分もあると思いますが、連続して聞いて行くうちに耳が少しずつ慣れてきます。時間が許す人は5回と言わずに、意味が分からなくても、「大体こんな風に言ってるな〜」と思えるまで聞いてみましょう。

2:リーディングをしながら理解のチェック

音のイメージが掴めたら、自分の理解を確かめるために、同じ文をリーディングしましょう! この時に自分の聞いていた音と、文字を結び付けていきます。「あ〜この単語だったのか」と知っている単語のはずなのに、聞き取れていなかったものもあるでしょう。目で見ている単語と発音が必ずしも一致していない人も多いです。

単語の綴りより、音に集中することが大事です!

3:自分で内容をまとめる

リスニング、リーディングをここまでやっているので、大体の内容は掴めているはずです。

内容を英語でまとめる練習をしましょう。

この時のポイントは

「本文をみない」

ことです!! 本文見てしまうと、単語をそのままコピーしたくなります。

自分の記憶を頼りに、聞いた+読んだ英語の内容を簡単に英語でまとめてください。

長文である必要はなく、要点だけを書きましょう!

4:オリジナルと比較する

自分で作った文章をオリジナルと比べてみましょう。「あ〜こう言ってたな」と言う部分がたくさんあると思います。上手に表現できなかった箇所、重要だと感じた単語をノートなどにまとめておくと良いと思います。

内容として重要だけれど、抜け落ちていた部分もチェックしましょう。

自分の英語力で足りない部分を意識できるチャンスなので、気になったこと、これはどう言うのかな?など、疑問を一気に解決し、まとめてください!

5:自分に足りなかった部分の発音を聞きながら暗記する

自分の要約では上手に表現できなかった、内容や、これは覚えておきたいと、メモした部分を中心にオリジナルの英語を聞きましょう!何度も聞きましょう! 

そして、その表現を暗記してください。

この時、文をただ暗記するのではなく、イントネーションや発音も真似しましょう。

完全にコピーすることが大切です。英語のリズムやイントネーションパターンなども学ぶチャンスです。

6:オリジナルを真似して、自分の声を録音する

沢山真似をして、コピー出来るなと思ったら、自分の声を録音しましょう。

とっても嫌だとは思うのですが、上達のチャンスです。

録音した自分の英語とろオリジナルを聞き比べ、修正したい場所があれば、またオリジナルを聞き込み、なるべくオリジナルに近い発音やイントネーションが出来るようにしましょう!

この練習のポイント

最初から練習して暗記するのではなく、一度自分でアウトプットしてから、暗記に入ることが重要なポイントです。

アウトプットする前には、必ずインプットが必要です。

なんでも暗記していると時間が足りないので、自分に足りない部分を明確にしてから、そこだけ集中的に覚えましょう!

Scroll to Top