学習

学習のブログ

大学生&大人の英語学習

英語民間試験延期について

英語民間試験延期について こちらの記事「大学入試改革:2020年度からの英語入試について詳しく解説」で説明しましたが、2020年度(2021年1月)から大学入試センター試験が、大学入学共通テストに変わります。 センター試験から内容に変化はあるものの、この大学入学共通テストでは、英語の4技能である リーディングリスニングライティングスピーキング のうち、「リーディング・リスニング」の能力しか測定できないため、「ライティング・スピーキング」の能力を測るために英語民間試験も活用して、受験者の4技能の能力を評価しようと言うことになっていました。 しかし、この英語民間試験の活用は問題が非常に多くありました。 記憶に新しいのは、TOEICの離脱です、 当初は、英語民間試験は8つありましたが、そのうちの1つであったTOEICが7月に入試から撤退することを発表しました。 TOEICが撤退したとされる理由は、憶測を含む様々な情報がありますが、受験生や現場の方々に多くの混乱を呼びました。 以下が民間試験を導入する上で解決していない課題です。 異なる試験のスコアの扱い方 そもそも、性質や目的の違う英語試験のスコアを公平に扱えるのかと言う指摘はずっとありました。 CEFRに合わせるとは言うものの、それぞれのテストはかなり違うのですが・・・ 地域による不公平 試験によっては、大量の受験生がテストを受けるための設備も懸念されていました。 また、都市部ではない地域に住む受験生にとっては移動や滞在費が莫大になると言うことも指摘されています。 9月3日の朝日新聞によると、東京都の神津島にある高校に通う学生はフェリーだと約10時間、ジェット船だと約3時間かけて本土に行く必要が出てくるようです。 民間試験は高3の4月〜12月の間に2回まで受けることが出来るが、交通費や宿泊費、受験費用を合わせると1回の受験で2万円はかかると、大きな負担になるでしょう。 大学による英語民間試験の扱い方の相違 英語民間試験を活用するかは、大学によっても異なっていました。 …

Read More →
学習

アプリレビュー:「NHK語学講座」

NHK語学講座 Overall 4.2 学習コンテンツ(機能) (4.5) 手軽さ (5) 使いやすさ(操作性) (3) Pros 内容やレベルが豊富 15分程度で空き時間を活用できる クイズが楽しい Cons Wifiがないと通信量がかかる 巻戻し/早送り機能がイマイチ アップデートが多い NHK語学講座 今までの英語学習アプリ紹介の記事はこちらから! ラジオやテレビでNHKの語学講座を活用したことがある人は多いのではないでしょうか。  …

Read More →
大学生&大人の英語学習

アプリレビュー:「発音博士」

発音博士 Overall 4.5 学習コンテンツ(機能) (4) 手軽さ (5) 使いやすさ(操作性) (4.5) Pros 自分の発音の癖や弱点が分かる 発音記号をみながら練習できる 無料で使える単語が多くある Cons 解説がないので、何度やっても難しい単語もある 大袈裟に発音しなと正解とならないことがある 発音博士 日本語とは違う「音」が英語には多く存在します。 日本人が苦手とされる音には有名な「LとR」や「Th」そして、母音があります。 この記事では、発音の練習に最適な素敵なアプリを紹介します! …

Read More →
学習

英語アプリレビュー:「POLYGLOTS」

POLYGLOTS Overall 4.7 学習コンテンツ(機能) (5) 手軽さ (4.5) 使いやすさ(操作性) (4.5) Pros リーディングの練習ができる記事が豊富 WPMを意識して読める 自分の学習履歴がみれる Cons 無料プランではリスニングができる回数が決まっている   POLYGLOTS 以前のアプリ紹介の記事はこちらから! 「自分の興味のあるジャンルの記事をリーディング」するのが主なアプリですが、便利な機能が色々とあります。 ジャンルを選べるので、英文を読むのも楽しめます。 …

Read More →
Scroll to Top