学習全般&外国語

学習全般&外国語

学習

英語アプリ”POLYGLOTS”のおすすめの使い方

会員登録 体験予約 英語学習おすすめのアプリとして、POLYGLOTSを以前紹介しました! リーディングやリスニングの練習以外にも使い方は様々あるので、総合的な英語力向上を狙った活用方法をお伝えします! おすすめ勉強手順 1:リスニングを5回する 2:リーディングを2回する 3:理解した内容を英語で簡単に要約する(紙に書く) 4:オリジナルの文と見比べて、抜け落ちていた部分を探す 5:自分に足りなかった部分の発音を聞きながら暗記する …

Read More →
学習全般&外国語

「グローバル教育を行うプログラム:ラウンドスクエア・ダブルディプロマ」

以前の記事で、国際バカロレアに関して紹介いたしました。  それ以外にも、グローバルな人材を育成するプログラムがあります。 この記事では「ラウンドスクエア」と「ダブルディプロマ」を紹介します。 ラウンドスクエア 国際規模の私立学校連盟「ラウンドスクエア(Round Square)」は、世界50カ国180校以上のメンバー校を有する国際規模の私立学校連盟です。 ラウンドスクエア加盟校は、Internationalism(国際理解)・Democracy(民主主義の精神)・Environment(環境問題に対する意識)・Adventure(冒険心) Leadership(リーダーシップ)・Service(奉仕の精神)、”I.D.E.A.L.S.”を基本理念として活動しています。 特徴的な活動は、毎年10月に開催される高校生が中心となる国際会議です(4月には中学生対象のジュニア会議があります)。 国際会議では、各国のラウンドスクエア加盟校の生徒たちが集まり、様々なテーマについてのディスカッションや奉仕活動、アドベンチャー活動を行います。会議の他にも開発途上国での井戸掘りや被災地での活動などがあるようです。 …

Read More →
大学生&大人の英語学習

「大人だからこそ」活用したい英語学習スキル

「英語学習のスタートは早いほど良い!」と言うのが現在の日本での一般的な考え方ではないでしょうか。 公教育での英語教育改革も開始年齢が引き下げられることになっています。<詳しくはこちらを> しかし、今までは英語を本格的には勉強してこなかったけれど、職場で急に英語力が必要になると言うケースも実際には多くあります。学校で英語を学習することが難しい社会人にとっての、英語学習のコツはあるのでしょうか。 若い英語学習者のアドバンテージは沢山思いつくと思います。 記憶力、想像力そして柔軟な頭。恥ずかしがらずに積極的に英語を話そうとする勢いなどなど・・・ 社会人のアドバンテージ 若者より社会人が勝れるポイントに「論理的思考力」と「現状把握力」があると思います。 「論理的思考力」 「論理的思考力」は英語という言語を学習する上で大きな助けとなります。 若い、特に年齢の低い子どもたちは、英語のルールを自然に学んで行くことができます。英語に触れる時間(インプット)を多く持つことで、英語の文法や音の法則をほぼ無意識に習得していくことが出来ます。 …

Read More →
学習全般&外国語

グローバルなスキルとは?

「グローバル」と言うのは最近の教育業界でのキーワードとなっています。「グローバル化を目指す学校」で「グローバルなスキルを学生に身につけさせる」ことが多くの教育機関で目標となっています。 「グローバル化」と聞くと、社会が、国と言う単位を超えて、1つの大きなまとまりとなる過程を指すイメージは持てますが、 「グローバルなスキル」と聞いて、どのようなスキルかをイメージできるでしょうか。 この記事ではグローバルなスキルとして提唱されている多様なスキルを紹介します。 グローバル人材 2013年に、日本政府はグローバル人材を 「日本人としてのアイデンティティーや日本の文化に対する深い理解を前提として、豊かな語学力・コミュニケーション能力、主体性と積極性、異文化理解の精神等を身につけたさまざまな分野で活躍できる人材」と定義しています。 <総務省:グローバル人材育成の推進に関する政策評価—評価結果に基づく勧告—> 3つのスキル グローバル人材育成推進会議は、グローバル人材に必要なスキルを大きく3つ取り上げています。 要素Ⅰ: …

Read More →
学習全般&外国語

「英語学習」は何故早い方が良いと言われているのか 〜「臨界期」について考えてみる〜

賛否両論がある、早期英語学習(教育)です。 従来は本格的な教科としての英語の学習は中学校から開始されてきましたが、2020年度からは小学校から始まります。 小学校英語教育改革の記事 中学校英語教育改革の記事 高校英語教育改革の記事 大学入試英語教育改革の記事 言語の習得には時間も労力も必要とされることは、経験的に何となく理解できることだと思います。習得に時間がかかるのだから、スタートは早いほど良いと言われるのは当たり前のようですが、実際のところはどうなのでしょうか。 この記事では、早期英語教育のメリットが語られる上で、ほぼ毎回のように引き合いに出される「臨界期」とは何なのかを探ってみたいと思います。 臨界期説 早期に英語学習を始めるメリットの根拠としてよく言われるのが、幼いうちは脳の柔軟性や吸収力が高いため、外国語をスムーズに学べるだろうと言う仮説です。 …

Read More →
Scroll to Top